投資信託入門

ゴルフ場予約なら 楽天GORA

スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


-|-|-|-

ベトナム投資信託

元々、ベトナムは、人口が多く、人件費も安いことから、外国企業の進出する素地がありましたが、政情がなかなか安定せず、発展が遅れていました。

しかし、WTOへの加盟もあり、最近になって、「ベトナム投資信託」が注目を集めています。

今は政情も安定してきており、外資も少しずつ入ってきています。
また、現在のベトナム政権が経済に力をいれ、国内インフラの整備を進めていることが、個人投資家を中心に人気が高まっている要因のようです。

ベトナム投資信託は、複数のベトナム株への分散投資になります。
ベトナムには、ハノイ証券取引所ホーチミン証券取引所の2つの市場があります。

規模はホーチミン証券取引所のほうが大きいですが、東京証券取引所の1000分の1ほどですから非常に小さな規模といえます。

ホーチミン証券取引所の取引方法は1日3回の値決め式です。一日の出来高は市場全体で6〜9億円程度です。
ハノイ証券取引所の取引方式はザラ方式で、取引量は非常に少ないです。

投資タイミングは下記の3つといえるでしょう。
1.上場株の購入
2.OTC銘柄の購入
3.IPOへの参加

ベトナムの法律によって、外国の証券会社が外国でベトナム株を販売することが禁止されているため、ベトナム投資信託は日本で買うことは出来ません。
ベトナム株を買うには、ベトナムの証券会社に口座を開設する必要があります。

<主なベトナム証券会社
SSI証券、BSC証券、Bao Viet証券、Hai Phong証券、 Sacom bank証券、HSC証券、The First証券、Kim Long証券、HoChiMinh証券、Vietcombank証券、ACB証券、Dai Viet証券
JUGEMテーマ:ビジネス



-|-|-|-

インド株投資と中国株投資

発展途上国の中でも人口規模や潜在力の大きい、中国とインドへの投資には注目が集まっています。投資信託においても、インド株投資中国株投資は、人気が高まってきています。

日本経済新聞によると、中国株投資の方が残高が一定の基準を保っていますが、インド株投資は4ケ月程で急増しているとの記事がありました。投資信託の勢いは中国株投資よりインド株投資の方があるかもしれません。

中国株に投資するには、各証券会社から直接行うことができますが、インド株への投資は現状直接行えず、投信頼みがもう少し続きそうです。

しかし、インド株投資を扱う証券会社も続々と増えてきています。JFインド株ファンドは設定額305億3893万円で、インド株投資の残高が国内最大になったそうです。

投資信託もインド株投資の勢いはまだまだ続きそうです。

インド株へ投資する際の証券会社の選び方のポイントは、投資対象を投資にするかADRにするかという点と、どんな投資を選ぶか、その他の金融商品をどれにするかという点です。

その他の金融商品とは、例えばインド株以外に日本株を少し投資するといったことです。

 

-|-|-|-

投資信託の購入の仕方

JUGEMテーマ:ビジネス
投資信託
に関心はあるけど、どういう風に購入したらいいのか、さっぱりわからないという方のために、投資信託の購入の仕方について整理します。

投資信託はどこで購入できるか
投資信託は、1998年12月1日から、証券会社だけでなく、銀行などの金融機関での購入が可能になりました。つまり、今では証券会社、銀行、ゆうちょ銀行、保険会社など、様々な場所で購入が可能になっています。

投資信託はいくらから買えるのか
通常1口1円で、一万個あたりの金額を基準価格と呼んでいます。したはって、普通は、1万円からの購入が可能です。

投資信託の口座を開くには
投資信託の取引を行うためには、取引の口座を開く必要があります。
投資信託は、金融機関によって取り扱う種類が違います。
自分の口座の証券会社などが、自分が欲しい投資信託を売り出していなければ、その投資信託は購入できません。
口座開設には、まず資料請求空始めてください。講座開設申込書に記入して郵送すれば、講座開設通知書が届きます。

投資信託の手数料とは
投資信託にかかる手数料には、2種類あります。
それは、販売手数料と信託報酬です。
販売手数料というのは、投資信託を購入する窓口(銀行、証券会社など)に支払う手数料です。窓口によって手数料は異なります。
信託報酬は運用を代行しているファンドマネジャーと資産管理をしてくれる信託銀行に支払う手数料です。

投資信託の特徴

JUGEMテーマ:ビジネス
投資信託とは、一言で言うなら、ファンドを購入する金融商品のことですね。

多くの投資家が資産運用会社に自分の資金を預け、信託された資産運用会社がその資金を用いて、株式や債券などに投資します。そして、そこから得た利益を投資家に分配するという仕組みなんですね。

投資というのは、ズブのシロートが手を出すと痛い目に遭います。そこで、投資のプロに代わりに運用してもらうというのが投資信託なんですね。

昨今、低金利が続いており、銀行への預貯金では、資産形成がうまくできなくなってきていますよね。

そこで、資産運用方法の一つとして投資信託が注目されるようになってきているのです。

あなたも投資信託を始めたいですか?でしたら、投資信託の特徴についてまず、把握しておいてください。

投資信託の特徴>

1.少ない額からでもスタートできます
  株式などに直接投資するにはある程度大きな資金が必要ですね。
  投資信託では、比較的少ない額からの投資が可能なのが魅力です。

2.分散投資できるので、、リスク分散も容易にできます
  投資信託は、株式や債券など複数の資産に分散して投資できます。
  ひとつの銘柄にしぼって投資する場合よりも、リスクが分散できるわけです。

3.運用は投資のプロフェッショナルに任せられます
  投資信託は、経験豊富な「ファンドマネジャー」が運用を担当します。
  そのため、投資家はシロートでも、プロのノウハウや知識を活用できるのです。

4.幅広い商品の選択肢があります
  投資信託の対象になる商品には、投資対象や運用方針が異なる多くの種類があります。
  自分の目的やリスクの許容度に合わせて選択肢が多様に存在します。

5.収益性が高い
  投資信託も投資ですから、当然リスクはありますが、同時にリターンも期待できます。

投資信託は、その特徴を知ってうまく活用すれば、将来の資産形成に非常に役立つと思われます。

資金に余裕のある方は、投資信託の特徴やリスクについて十分把握した上で、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?


投資信託のリスク

投資信託入門は、投資の専門家に投資内容を委託する形になるとはいえ、元本保証がされているわけではなく、一定のリスクを伴うものです。

投資信託の主なリスクを列挙しますので、十分理解してから投資信託を購入しましょう。

価格変動リスク
  投資信託が組み入れている株式や債券等は、様々な要因によって価格が変動します。価格が変動すればファンドの基準価額の変動要因となり、投資元本を割り込むことがあります。これは、最も基本的なリスクとなります。

為替リスク
  外国の株式や債券に投資する場合、為替相場の変動により資産価値が減少することがあります。

信用リスク
  債券等の発行主体が債務不履行に陥り、利払い等が不能になることがあります。この信用リスクを判断する材料として格付機関の評価である「格付け」がありますので、参考にして信用リスクを事前に勘案することが可能です。

流動性リスク
  投資した資産が市場であまり取り引きされていない株式や債券などの場合、売買が成立せず換金ができなくなる、あるいは非常に不利な価格で売却しなければならなくなるなどの可能性があります。

金利変動リスク
  主に債券が組み入れている投資信託の場合、金利水準の変動により価格が変動することがあります。一般に金利が上がった場合に債券の価格は下落し、逆に金利が下がった場合に債券の価格は上昇します。

カントリーリスク
  投資対象国の政治・経済情勢の混乱や不安定化、資本・外国為替に関する規制などの影響により市場が変動し、投資元本を割り込むことがあります。また一般的に、投資対象が新興国の場合、先進国に比べて大きなカントリーリスクが内在します。

インフレリスク
  インフレーション(物価上昇)により、金融資産の利回りが物価上昇率を下回ってしまうことがあり、資産が目減りしてしまうことがあります。

Copyright © 投資信託入門 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます